fc2ブログ

LOST DIARY




その手取ったなら 櫂を裏返してた
その色 その目 きっと夢
愛を貫いた あの日々の破片に
ちょっとだけ 火を灯してみた

小さな旅 飛行機の
魚色に 燃える雲

散歩した街並み 窓という窓が
カードに変わった 夜を超え
記した空には未来が映るから
その夢とばし 君の手へ

花びら散って 浮かべた
かかとを床に 乗せて墓まで


青空壊す羽 風車眺めて
甘えに弱さ 見せていた
人の涙売ることさえもできずに
言葉を並べて 雲を切る

声を過去で彩って
言葉枯らす悪 殺して


紙の夢を燃やし はるか彼方の声
届けて みたよ 君のため
綴る雲 紡ぐ鐘には新たな草花たち
きっと愛を捨て

散歩した街並み 窓という窓が
カードに変わった 夜を超え
記した空には未来が映るから
その夢とばし 君の手へ

花びら散って浮かべた
箱にしまった船を涙に
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jean

Author:Jean
音楽・詩・哲学・小説・随想

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
Blue Glass
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク